玉垣製麺所の乾麺のご購入はこちら

HACCAP認証工場

全国乾麺協同組合連合会が認証する

HACCPの認証を受けました。

「ふのり」をつなぎに使用したそばの乾麺製造工場では

初の認証取得となりました。

今後も、食の安全に努め、美味しい商品をお届けいたします。

 

 

HACCP(ハサップ)とは

HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の手法です。

Hazard Analysis Critical Control Pointの頭文字からとったもので、「危害要因分析 重要管理点」と訳されています。

 

原材料の受入から最終製品までの各工程ごとに、微生物による汚染、金属の混入などの危害要因を分析した上で、危害の防止につながる特に重要な工程を継続的に監視・記録する工程管理のシステムです。
HACCPシステムによる衛生管理手法は、勘や経験に頼る部分が多かった従来の衛生管理の方法とは異なり、あらゆる角度から食品の安全性について危害等を予測し、それぞれの製造工程ごとに、危害原因物質とその発生要因、危害の頻度や発生したときの影響力の大きさ等を考慮してリスト化し、それぞれの危害を適切に防止できるところに管理点を設定して重点的に管理・記録しようとするものです。
HACCPシステムを採用することで、工程全般を通じて問題が発生しそうになった段階から適切な対策を講ずることで、食中毒(微生物、化学物質を含む)や異物などによる危害を未然に防止し、製品の安全確保を図ります。

 

 

さらに美味しい商品づくりを目指して

当社ではHACCPによる品質管理にくわえ、技能検定に合格した「製麺技能士」が商品づくりに携わっています。

伝統の製法を守り、さらに技術の研鑽を重ね、お客様に喜んでいただける麺作りを目指していきます。